メンズファッションとシルエット

klugでは、イタリアン・クラシコ・スタイルを軸とした、ファッション性に優れたメンズ白衣を販売しております。
メンズ白衣をおしゃれに着こなしていただくために、シルエットやそれぞれの白衣の特徴を知ることをおすすめします。イタリアン・クラシコ・スタイルを、長年培ってきたテーラーリングの知識や、テクニックを盛り込み、おしゃれに仕上げたklugの白衣をお楽しみください。


テーラードとは

テーラー(tailor)には、仕立屋という意味があります。元々は婦人用スーツが、まるで紳士用スールに使われるような硬い生地や、仕立てで作られたものを指して、テーラード・スーツと呼ばれていました。

klugの白衣は、男性用、女性用共にこの仕立屋のノウハウを活かした作りになっています。
例えば、コートの襟にはAMF(ハンド風ステッチ)を施したり、女性用であればウエストを少し絞って、エレガンスを表現するなどの工夫がなされています。また、イタリアン・クラシコの特徴でもある「遊び心のあるデザイン」は、ラペルに施されたネイビーのフラワーホールに合わせ、袖のボタンも、第一ホールだけklugカラーのネイビーにするなどに現れています。


ノッチドラペルとピークドラペルの違い

襟部分は真ん中にあるゴージラインを境にして、上襟・下襟としています。ノッチドラペルとピークドラペルの違いは、上襟と下襟の開き具合の差です。きざみ襟という意味があるノッチドラペルは、上襟と下襟の間隔が120度から150度くらい開いているタイプです。
ピークドラペルは先が尖った剣先襟という意味で、下襟の先端部分が上襟にぴたりと密着した状態で、上方向に向かって襟が尖っています。
襟元の違いでも患者様に与える印象は大きく変わってきますので、白衣選びの参考にしてみてください。



klugではピークドラペルタイプ、ノッチドラペルタイプの白衣を通販にてご提供しております。着る喜びを味わってもらうために、美しいシルエット・高機能・日本の高い技術力を込めた白衣です。イタリアン・クラシコ・スタイルのファッション性に富んだデザインをご用意しております。スタイリッシュなklugのおしゃれ白衣をぜひご利用ください。

コメントを残す