白衣・スクラブ・医療用メディカルウェアブランドKLUG[クリュッグ]

白衣・スクラブ・医療用メディカルウェアブランドKLUG[クリュッグ]

スクラブが普及してきたのはなぜ?

スクラブについて

手術の際に着用する手術着として使われているスクラブは、今では手術着に限らず医師や看護師のユニフォームとしても定着しつつあります。

スクラブとは

少し前までは、医師は白衣、看護師はワンピースタイプのナース服というのが一般的なユニフォームでした。白衣は今でも活用される中、ワンピースタイプのナース服やナースキャップはほとんど見かけなくなり、現在の看護師のユニフォームとして定着してきているのがスクラブです。

アメリカでは1990年代には既に大半の医療機関で正式なユニフォームとしてスクラブが普及し、その後、日本でも主に通販で取り扱うようになり、次第に広まっていきました。

普段の業務であまり衣服が汚れない病棟の看護師は、手術着であったスクラブを着る機会は少なかったのですが、今では多くの看護師のユニフォームとして欠かせないものとなっています。日本のメーカーやブランドも、こぞってスクラブの生産に力を入れています。

普及してきたのはなぜ?

病院の仕事着は清潔さを重視しなければなりません。しかし、ナース服やナースキャップなど、従来のユニフォームのクリーニングは専門の業者に依頼する必要があり、気軽にクリーニングに出せず、数日続けて着用することもありました。

その点、ゴシゴシ洗うという意味を持つスクラブは、その名の通り洗濯機で洗うことができ、さらに乾きやすい特徴があります。洗濯して乾かすだけなので、日々清潔な状態で業務に取り組むことができます。

また、着脱しやすく動きやすいため、大きな動作をする際にもユニフォームが動きを妨げることがなく、生地への負担も心配ありません。生地は吸水性や速乾性などに優れた機能的なものを使用し、これまでのユニフォームで感じるような暑苦しさやムレも気になりません。こういった特徴は病院での業務にとても適しており、今では多くの病院でスクラブが導入されています。

白衣やスクラブといった医療用ユニフォームを購入する際は、klugの通販サイトをお役立てください。メンズ・レディースともにこだわりのアイテムを提案しており、上質な医療用ユニフォームを提供します。