白衣・スクラブ・医療用メディカルウェアブランドKLUG[クリュッグ]

白衣・スクラブ・医療用メディカルウェアブランドKLUG[クリュッグ]

手術で着られるスクラブの色に関する豆知識

スクラブについて

白衣は医師のユニフォームというイメージがありますが、今の医療現場では医師、看護師ともにスクラブもユニフォームとして欠かせません。カラー、デザインが豊富で、特にレディースは子どもに人気のキャラクターのものや院内の雰囲気が明るくなる花柄など、バリエーションが豊富です。

そんなスクラブは、もともと手術着として活用されていました。そこで、手術で着られるスクラブの色に関する豆知識をご紹介します。

なぜ青や緑なのか

外来診察や回診など、白衣を着て患者様の対応をする医師も、手術となればスクラブに着替えます。手術で着られるスクラブは、白やパステルブルーといった薄い色ではなく濃い青や緑が多いです。

その理由は色残像の現象を防ぐためです。手術中は血液や臓器、筋肉など、少なからず赤い色を見ます。そうすると、視覚の赤色に対する反応が鈍くなり、赤から視線を外して特に白や薄い色を見た時に、赤と反対の補色である青や緑のシミのような残像が見えることがあるのです。

この残像が治療に影響するのを防ぐために、赤の補色である青や緑のスクラブを着ます。さらにスクラブの上から着るガウン、マスク、帽子、壁や床、また患者様のガウンなど、手術室のあらゆるものが赤の補色になっています。

色の持つ効果を活かしている

手術着としての青や緑のスクラブは、色残像の現象を抑えるだけではなく、その色が持つ効果も活かされていると言えます。

青色には興奮を静める、感情を抑えるといった効果があり、集中力をサポートしてくれる色でもあります。緑色は暖色でも寒色でもない中間の色として、最も刺激が少ない色と言われています。そのため、心身のバランスを整える、リラックスさせる効果があり、見る人に安心感を与える色でもあります。

手術につきものの赤色には活発や興奮など、感情を高めるような効果があるため、手術の環境に青や緑が多いことで落ち着いて手術に取り組めるのです。青や緑のスクラブは、自分自身や接する看護師、患者様を癒すことにもなるでしょう。