白衣・スクラブ・医療用メディカルウェアブランドKLUG[クリュッグ]

白衣・スクラブ・医療用メディカルウェアブランドKLUG[クリュッグ]

KLUG[クリュッグ]白衣のこだわり(素材編)

素材について

当社の白衣の素材は、皆様ご存知の通りクレンゼ加工された生地を使っております。
2014年に生地メーカーでもあり、医薬品メーカーでもある企業の開発部の方々との共同で素材を作りました。

生地の特徴「触り心地」

コンセプトは「医療用でありながら、上品さと着心地の良さのある生地」です。
上品さを表現するために、織り組織にこだわり、通常の白衣や作業着的な用途素材でよく使われる「ツイル組織」や「平組織」ではなく、光沢感がありながら仕立て映えがして、更に張り感を持たせた「サテン調組織」になっております。

触っていただくとわかるのですが、非常に表面が滑らかでサラッとした感じがします。
そして着心地の良さ。こちらは何といってもストレッチ性。通常より多めのポリウレタンを織り込むことにより、様々な動きに追随する生地が出来上がりました。

生地の特徴「抗菌・抗ウイルス機能」

当時はまだそれほど知られていなかった「E-tak」固着させた「クレンゼ加工」。
様々な病気と闘うドクターにとっての現場服である白衣には、当時より画期的な機能であった「抗菌・抗ウイルス機能」は標準スペックとして必要だとの医薬品メーカー様からの意見をもらい、この加工を施しております。

追加生産毎に少しずつ進化させながら、現在の生地になりました。

発売当初より、救急救命医の第一人者と言われているM医師には、何度もご購入いただきました。素材の程よい張り感と動きやすさが良いとのご意見を頂戴しています。許可をいただいていないのでお顔やお名前をご公表できませんが、権威ある現場主義の先生です。

もし白衣を見ていただいた時、向かって右側の衿に「紺色の穴かがり(フラワーホール)」が付いていたら多分「klug/クリュッグの白衣」です。
色は紺色が多いのですが、ご要望に応じて他の色も対応させていただいております。