附属編になるとかなりマニアックな内容になってしまいますので、ご了承ください。

服を作ることに関しては、1994年以来、ずっと関わってきていますが、デザイン、型紙、素材、附属、縫製とそれぞれ重要なポイントがあります。

その中でも、附属はあまり目立たず気にされることが少ないのですが、実は高級さや服の雰囲気を出すのにとても重要なアイテムです。

釦や裏地、ブランドネームや下げ札など、購入される方が気にしない所に気を遣うデザイナーさんは多くいらっしゃいます。

※素材については先日のブログをご参考下さい。

それでは、附属です。

実は、制服や作業着と呼ばれるものには、あまり附属を使っていません。

(最近はやりの空気ファン付きブルゾンなんかはすごい付属品が付いています)

「なんだそれは!」と思われるかもしれませんが、それでも数少ない附属にこだわりを持っています。

裏地(背裏)朱子組織にドット柄が織り込んである、klugネイビーの裏地

      高級感と上品さがあります。

シャドー気味のドット柄が角度によって見えることで上品さを感じさせます

ポケット用生地:薄手で邪魔にならない強度のあるスレーキ生地。

釦:オリジナルロゴ入りコンビネーション釦

  デザインと色に一目見て惚れ込んで決めましたが、この釦は実は「東京オリンピックの選考時期に日本の代表団が着用していた制服にも使われていた釦です。

  多分、日本で販売されている白衣ではトップ10に入る品質の釦です。

内側の円と外側の材質がコンビネーションになっています1

  (本当はトップ5と言いたいところですが、全ての白衣を見たわけでは無いので控えめに)

芯地:耐洗濯性があり、保形性が維持できる芯地

糸:光沢感のあるフィラメント糸

ブランドネーム:筆記体のブランドロゴが綺麗に浮き上がる、細番手の糸を使ったネームと

        耐洗濯性のある記名用のネームの2種類

下げ札:購入後捨てられてしまうと思うのですが、通常の4~5倍の厚みがあり、ブランドロゴを箔押ししてあるこだわったブランド下げ札。

ひとつひとつの付属を吟味して決めております。

是非お試しください!